関節痛の代表、変形性関節症とはどんなもの?

変形性関節症は、関節痛の原因として一番多いと言われています。

年をとり、老化が進むにつれて発症する人が多い病気で、年と共に関節の軟骨が欠けたり、すり減ったりしていくことでその周りに炎症が起きることで痛みを感じる病気です。

症状が一番出やすい場所はひざです。

それは、ひざは立つ時に全体重を支えることになるので、負担がかかりやすいからです。

また、立ったり座ったりをくり返す時に大きな力がかかってくるからです。

そんなひざは周りの筋肉が支えているのですが、年と共に足の筋力は衰えてしまうためますますひざに負担がかかってきます。

このような原因から起こる変形性関節症は初めのうちは湿布薬を貼ったりすると痛みが治まるので、大丈夫かなと思ってそのままにしておくことが多いのですが、軟骨はすり減ってしまうと元には戻らず、悪化していってしまいます。

悪化していき動くのが辛くなっていくと動かなくなっていき、そうなると筋肉がさらに衰えていくという悪循環に陥ってしまいます。

そうなる前に、おかしいなと思ったら早めの予防が大切です。

関節痛が続いたりひどくなったりしたら、すぐに病院を受診するようにしましょう。

肥満気味の人やO脚気味の人、運動不足の人は体に負担がかかりやすく、関節痛を起こしやすいです。

体重が重い分関節にかかる負担は大きくなりますし、O脚だとひざの内側の軟骨がすり減りやすくなるためです。

運動不足だと筋肉が衰えていき、動かさないために関節が固まってしまいがちです。

関節への負担を減らすために適度な運動をし、筋力をアップさせて関節を柔らかくしましょう。

変形性関節症による関節痛を予防するために、体重は減らし、標準体重になるようにしましょう。

また冷えると血行が悪くなり筋肉が固まってしまいがちなので、ひじや肩、ひざ、腰などを冷やさないようにしましょう。

同じ姿勢で長時間過ごすと筋肉が固まってしまうので、定期的にストレッチをしてリラックスするよう心がけましょう。

歩く時はひざをしっかり伸ばしてかかとから着地し、後ろ側へつま先で蹴るように歩く、正しい歩き方を意識することで関節への負担を減らせます。

また、クッション性の良い靴を履くことで歩く時の衝撃を和らげることもいいですね。

O脚気味の人はインソールなどで補正することをお勧めします。

どれもこれも難しくない予防法ですので、ぜひ日常生活に取り入れてみましょう。