女性の関節痛の原因に多い関節リウマチとは

関節痛の二大原因の一つである関節リウマチは、二大原因のもう一つである変形性関節症とは違い自己免疫疾患によって起こる病気です。

自己免疫疾患は本来であれば体内へ異物である細菌などの侵入を防ぐ機能である免疫が過剰に働いてしまい、誤って自分の体の一部を攻撃してしまう免疫異常によって起こります。

そして免疫が誤って関節を攻撃してしまうことで起こるのが関節リウマチです。

症状に気づかず病気が進行していくと関節組織がどんどん破壊されていってしまい、関節痛や関節の腫れがひどくなっていって変形を起こしていきます。

こうなってくると日常生活にも影響が出てくるので、早めに気がついて治療を始めることがとても大切です。

関節リウマチにかかる人の7割から8割が女性のため、女性ホルモンが病気の原因に関係しているのではないかと言われていますが、詳しいことはまだわかっていません。

年齢は30代から50代の人が多く発症する病気なので、その年代の女性は特に注意が必要になってきますね。

関節リウマチが原因の症状は関節痛以外にもあるので気を付けないといけません。

注意しないといけない症状は主に三つあります。

原因不明の微熱やだるさが続いている時は気をつけましょう。

また、特にダイエットをしているわけでもないのに体重が減少していく時も怪しいです。

手足の指にこわばりを感じたり腫れてきたり、指が関節痛で痛むことも関節リウマチの初期症状なので注意しましょう。

朝起きた時などに手足の指の異常を感じて、関節リウマチかもしれないと気づく人が多いです。

これらの症状を放っておいて病気が進行していくと、貧血を起こしたり腎臓障害を起こしたりするので、少しでもおかしいと思ったら早めに医師の診察を受けましょう。

関節リウマチが原因の関節痛は湿布や痛み止めで一時しのぎをしてもどんどん症状が進行して悪化していくだけなので、自己判断はとても危険です。

症状を和らげるためにリウマチ専門の医師の指導によるリハビリも欠かせないので、自己流でリハビリをしたり無理して動かしたりすることはせず、必ず医師に相談するようにしましょう。