風邪の関節痛はウイルスのせい?

季節の変わり目がやってくると、体調を崩しがちになりませんか?

暖かかったり寒かったりが続いたせいか、先日なんだか少し寒気がして、関節が痛み出しました。

あ、熱が出るかも…と思う、風邪の前兆です。

この風邪の時の関節痛、熱があったりのどが痛かったりでただでさえ辛いのに、体が辛くなればなるほど痛くなってきて、本当に厄介です。

私はどんな種類の風邪をひいても体の節々が痛くなるので、関節はどんなウイルスにも弱いものだと思っていました。

少しでも楽になれたらと、関節痛を治したり和らげたりする方法はないかと調べてみると、風邪の時の関節痛の原因は風邪のウイルスではなく、自分の体の中にあることがわかりました。

風邪のウイルスなどが体に入ってくると、体の中の免疫細胞がウイルスと戦うために活性化します。

この免疫細胞が活性化した時に分泌される物質にPGE2というものがあるのですが、この物質が発熱を促す作用を持っていたり、関節痛を引き起こす作用を持っていたりするのです。

なので、ウイルスが原因ではありませんでした。

本当にびっくりです。

風邪の時の関節痛を引き起こしていた原因、PGE2はどうして分泌されるのでしょうか?

わざわざ体を辛くすることをする必要はないように思うのですが、免疫細胞が活性化すると分泌される物質はPGE2だけではなく、サイトカインという物質も分泌されます。

このサイトカイン、ウイルスから体を守るためのものですが、多く分泌されすぎると臓器不全を引き起こしてしまう物質なのです。

その量産を抑える働きを持っているのがPGE2なので、この二つはセットで分泌されてしまうというわけです。

そのため、風邪を引いて関節が痛くて辛くても、今は体がウイルスと戦っている時だから、と我慢するしかないのです。

風邪が治れば免疫細胞の働きも落ち着くので関節の痛みもなくなります。

なので、風邪が早く治るようにゆっくり休むことが関節痛を治す一番の方法なのです。

もし、風邪が治っても関節痛が収まらない時は別の病気が潜んでいる可能性があるので、ここ

関節痛の治療ガイドを読む

で自分の症状を調べて、早めに病院にかかるようにしましょう。